ニュース一覧

少子化問題についての課題

2018年、某サイト及び弊所合同の取り組みにより少子化問題に係る事業に参入します。最適な解決に挑戦します。

2017年10月02日

ジメチールアミーン及びケトーンに係る幻覚剤

昨今報道規制の影響もあってか「危険ドラック」という文言を目にすることが少なくなった。その原因は単に「危険ドラック」という流行言葉から「知らなければ手をださなかった」という被害者が多く検挙されたからである。決して薬物の流通が減少したわけではない。先行調査により某情報によれば、国外から薬剤などを仕入れることなく合成可能な新奇性薬物が流通し始めるという。某研究所において現在その化学構造から逆算して、組み立ての仕組みを精査中である。

2017年10月04日

調査手法にDJ(disc jockey)機器を採用

ビジネスコンサルティングの調査方法に、人や物の数値を分析する目的で音響機器の所謂DJ(disc jockey)機器を採用した。この手法により、あらゆる業種のクライアントに対して正確な数値を提示することが可能であり、その数値を根拠に指摘し、改善することができる。今後この手法により確実なコンサルティングを行う方針。

2017年10月05日

旧式のソーダ―石鹸の製法に注目

既に廃番となり、市場から消えた某ソーダ―石鹸。しかし、このソーダ―石鹸に2種の某物質を混合することで既存の洗浄剤にはない特異な洗浄力と仕上がりが可能となる。このソーダ―石鹸の分析結果は平成30年2月ごろを予定しており、知的財産権の調査を行ったうえで再スタートする予定である。

2017年11月05日

犬及び猫の殺処分減少に係る新考案について

環境省の調査によれば年間10万以上の犬及び猫が殺処分されている。主な原因は人の都合であり現段階においては有望な解決策はないという。某動物管理センターの話によれば、「この子たちも生きたいんですよ本当は。でも私たち職員の力ではどうすることもできないですね正直なところ。なにかこの子たちにもできることがみつかればまだ望みはあるのかもしれないけれど」と話す。弊所は本件について、人の都合で殺処分が免れないのであれば、対に人の都合で需要を生み出し、人の都合同士が相殺する新考案を検討してゆく方針で活動することを決定した。

2017年11月18日