ニュース一覧

アダルト商品の解説に実演販売師

2019年発売予定の男性用運動器具に実演販売師が出演する。そもそもアダルトに係る商品を実演販売する方法は採用していなかった。しかしこの商品の性質から実演販売の術が必須であることから決定した。アダルトに係る商品は、フリマアプリメルカリなどにカテゴリーがないため、配信先も検討される。商品名は「バンジーペニス」。すでに特許庁への申請も終えている。

2018年08月25日

「遺品整理」公式サイト移転のお知らせ

平成30年4月、社名「遺品整理」と、田村昌和総合調査事務所は合併します。併せて「遺品整理」公式サイトは、田村昌和総合調査事務所公式サイトへ移転します。(http://遺品整理ドットコム.com/)

2018年03月23日

覚せい剤に係る相談急増

覚せい剤(覚醒アミン剤)を含む違法薬物の相談が急増している。相談の内容は様々だが、従来からよくある相談の内容とは異なり、他方薬物(処方薬も含む)との併用による異常な薬理作用が原因で薬の効き目が不明となるケースが多くみられる。そもそも覚醒アミン剤や大麻草など、効き目の定着した化合物であれば適切な対処が可能であった。しかし昨今散見される、いわゆる危険ドラックと呼ばれる化学構造に注目したドラックデザイナー的作品の登場及び流出により、単に複雑にしただけでなく、安定していたドラック市場が更に危険なモノへと化けてゆく事実が見うけられる。

2018年03月21日

「いじめ」に係る、あたらしい分析方法

2018年、「いじめ」に係る対策について「術」の提供をしてゆくことで決定した。術式は「いじめ」の経験則に基づく数値化できるもので、調査について積極的に活動してゆく方針。「いじめ」公式サイト(いじめドットコム)は同年5月ごろ開設予定としている。

2018年02月05日

新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。
皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
旧年中は、多大なるご尽力をいただき、本年も、更なる向上に努めて参りますので
より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

2018年01月01日

いじめドットコム、平成30年5月開設決定

昨今、「いじめ」という行為が事件化する報道が散見される。報道によれば主に学生に被害者が多くみられるが、「いじめ」の被害に遭う対象は学生だけではない。解決を目的に談判できるケースもあれば、「逃がす」必要のあるケース。その他緊急性を要するケースもある。しかしながら「いじめ」ついて特段の相談を受け入れる体制が極めて乏しい現状がある。弊所は平成30年5月、「いじめ」に係る総合サイト(いじめ.COM)いじめドットコムを開設することを決定した。このサイトは子供から大人だけでなく一部の動物も対象であり、特異な調査法により実施する予定。

2017年12月25日

犬及び猫の殺処分減少に係る新考案について

環境省の調査によれば年間10万以上の犬及び猫が殺処分されている。主な原因は人の都合であり現段階においては有望な解決策はないという。某動物管理センターの話によれば、「この子たちも生きたいんですよ本当は。でも私たち職員の力ではどうすることもできないですね正直なところ。なにかこの子たちにもできることがみつかればまだ望みはあるのかもしれないけれど」と話す。弊所は本件について、人の都合で殺処分が免れないのであれば、対に人の都合で需要を生み出し、人の都合同士が相殺する新考案を検討してゆく方針で活動することを決定した。

2017年11月18日

旧式のソーダ―石鹸の製法に注目

既に廃番となり、市場から消えた某ソーダ―石鹸。しかし、このソーダ―石鹸に2種の某物質を混合することで既存の洗浄剤にはない特異な洗浄力と仕上がりが可能となる。このソーダ―石鹸の分析結果は平成30年2月ごろを予定しており、知的財産権の調査を行ったうえで再スタートする予定である。

2017年11月05日

調査手法にDJ(disc jockey)機器を採用

ビジネスコンサルティングの調査方法に、人や物の数値を分析する目的で音響機器の所謂DJ(disc jockey)機器を採用した。この手法により、あらゆる業種のクライアントに対して正確な数値を提示することが可能であり、その数値を根拠に指摘し、改善することができる。今後この手法により確実なコンサルティングを行う方針。

2017年10月05日

ジメチールアミーン及びケトーンに係る幻覚剤

昨今報道規制の影響もあってか「危険ドラック」という文言を目にすることが少なくなった。その原因は単に「危険ドラック」という流行言葉から「知らなければ手をださなかった」という被害者が多く検挙されたからである。決して薬物の流通が減少したわけではない。先行調査により某情報によれば、国外から薬剤などを仕入れることなく合成可能な新奇性薬物が流通し始めるという。某研究所において現在その化学構造から逆算して、組み立ての仕組みを精査中である。

2017年10月04日

少子化問題についての課題

2018年、某サイト及び弊所合同の取り組みにより少子化問題に係る事業に参入します。最適な解決に挑戦します。

2017年10月02日